元に戻る
映画から喫煙シーン追放
 米ディズニーが宣言

2007年07月26日

 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは25日、今後製作するディズニー映画には喫煙シーンを一切登場させない方針を表明した。映画に描写される喫煙場面が子どもの喫煙を助長しているとの批判に対処し、大手映画会社としては初めて「喫煙シーン追放」を宣言した。

 映画館に対しても、喫煙場面を含む映画を放映する前に反喫煙広告を流すよう働き掛けるという。(時事)

解説
 WHO(世界保健機関)は、タバコという毒物を吸って自らの身体を害するという愚かな行為を子供達に見せないよう勧告しました。これにより、映画も喫煙シーンを排除する事になりました。

 日本では、生徒に喫煙という愚かな行為を見せないようにするため、学校を敷地内禁煙にするよう通知がありました。